ビールブログ~あなたの知らないビールの世界

日本全国・世界各地のビールの飲み干し記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇奈月麦酒館

宇奈月ビール(うなづきびーる)
醸造元:宇奈月ビール(株)
住所:富山県黒部市宇奈月町下立687
ブルーパブ:宇奈月麦酒館
住所:併設
公式サイト:http://www.unazuki-beer.com/
開業年:1997年4月
訪問日:2007年8月19日

トロッコ電車の走る世界最大のV字谷、黒部峡谷を擁する富山県宇奈月町(現在は黒部市と合併)。ここで目玉となるような特産品を、として作られた地ビールが「宇奈月ビール」である。黒部峡谷や宇奈月温泉のような主要観光地、または近隣の大型スーパーなどで販売されている。缶詰で冷蔵不要なので他の地ビールと比較して安価(350円)であり、販売量が多くお土産としても利用しやすいよう。

醸造所兼ブルーパブ「宇奈月麦酒館」は「道の駅 うなづき」にある。宇奈月温泉から黒部市街へと続く道沿いにありわかりやすい。一応「道の駅」となっているが、内部はお土産物とレストランが主体、道の駅的機能、雰囲気は少ない。 レストランは昼間は格安のバイキングを営業しているのだが、到着時は夕方4時。バイキングは終わってるし夕食にも早いし、レストランには入らずビールの立飲みができる軽食コーナーに。200ml程度と思われる透明なプラスチックのコップに注がれ、一杯200円。 飲酒運転への風当たりが厳しくなりつつある昨今、堂々と「立飲み」と看板を掲げているのは良い度胸である。十字峡(ケルシュ)、トロッコ(アルト)、カモシカ(ボック)の3種がある。以前飲んだことがあり、ボックが一番美味かったのでまずそれから。強いカラメルフレーバーのある力強いボックだが、缶詰めのものと比べると酸味や苦味が強い印象。アルトは思ったほど甘味がないがライトで苦味が弱く飲みやすい。 カラアゲやピザもあり、レストランと厨房を共にしているので同じメニューがテイクアウトで楽しめる。 試しに買ったカラアゲはやや揚げすぎでジューシーさ欠けた。

地ビール以外のお土産にもビールソフト、ビールカレー、お土産物にはビールケーキ、ビール漬け、なんでもビールである。 2階には地ビールのラベルやコースターを集めたプチミュージアムがある。 醸造施設を上から眺めることもできる。

銘柄検索


宇奈月麦酒館 立飲みコーナー
併設レストラン カモシカ(ボック)
ビール醸造プラント 記念撮影スポット?
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

  1. 2007/08/20(月) 20:37:57|
  2. ビアライゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わくわくファーム川北

わくわくファーム川北
醸造元:(有)わくわく手づくりファーム川北
住所:石川県能美郡川北町字壱ツ屋183-3詳細地図 / 広域地図
ブルーパブ:わくわくブルワリー
住所:併設
公式サイト:http://www.hokuriku.ne.jp/wkwk/
開業年:1999年12月
訪問日:2007年7月16日

石川県の手取川沿いにある川北町の町おこし系ブルワリー。町役場の隣と言う好立地、周りは川と田んぼと畑、のどかである。 アクセスは国道8号線を走り、大型ディスカウントストア「プラント3川北店」のある交差点を川沿いに行くだけ。

地物の農産物直売所の隣にあり醸造所兼レストラン。昼前だったので客は疎ら。 醸造プラントはガラス越しの見学。

ウン?メニューがない?聞いてみると「黒板に書いてあるのが今日のメニューなんでで見てください」とのこと。 昼前で、次にガッツリ食う予定があったので軽めにカルパッチョをオーダー。 メニューにはビールの記載がないが・・・?聞いてみると、 「ウチは地ビールしかないんですが良いですか?」とのこと。地ビール目当てなんですが・・・。 ゴールド、アンバー、コシヒカリと3種類あるとのことなのでアンバーエールを注文。

大きな木のテーブルがなかなか雰囲気が良い。 テラスは予約制のバーベキューコーナー、上にはブドウ棚があり実際にブドウが成っていた。

アンバーエールはスパイシーでかなり特徴のあるビール。 カルパッチョも上品で美味。他の料理も食ってみたい気になった。 ブルーパブなのだからもっとビールをアピールしても良いように思う。

銘柄検索


わくわくブルワリー アンバーエールとサーモンのカルパッチョ
ぶどう棚が涼しげ ビール醸造プラント
畑に囲まれた超のどかな立地

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

  1. 2007/08/09(木) 20:35:10|
  2. ビアライゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加賀地ビール館/ビアライゼ

加賀地ビール館(かがじびーるかん)
醸造元:親正産業(株)
住所:石川県加賀市箱宮町ヤ38詳細地図 / 広域地図

公式サイト:http://www.hokuriku.ne.jp/narui/index/mainpage.html
開業年:1998年6月
訪問日:2007年7月16日

「加賀地ビール館」は石川県小松市と加賀市の境界近くにあるドライブイン「世界のガラス館 加賀店」に併設された大型レストラン。広大な駐車場と併設された大型のお土産物店がある。場所は国道8号線沿いなので非常に分かり易いが、バイパスが開通しているので誤ってそちらに行ってしまうと迷うでの注意。
福島県の「猪苗代地ビール」とは同一資本で同様のビールを提供している。

体育館のような大屋根のヨーロッパ風の建物。内部は天井の高いビアホール風のレストランで全400席を誇る。
メニューは「焼肉中心」とあったのだが、今回行って見たら焼肉などなく、ビビンバやうどん、パスタ、丼、定食と言った普通のファミレス風メニュー。なんでそうなっちゃったの?
とりあえずソーセージ盛り合わせ(900円)と4種類の銘柄を試すことが出来るテイスティングセット(1200円)を注文。
ビールは全体的にドライで味わいが少なく、グビグビと飲むようなビール。ソーセージはいかにも冷凍食品的な風味があり、プチンと弾けない。モサモサとしている。付け合せのザワークラウト(ドイツ風キャベツの酢漬け)はハーブがよく効き非常にスパイシーでビールに合った。

レストラン横には醸造プラントがあり、ガラス越しに見学できる。ただし、現在はこのプラントでは醸造していないと言う話もある。

駐車場横には緑の魔人のようなものがおり、しかも散髪中だった・・・

銘柄検索


加賀地ビール館 ビアホール風レストラン
ソーセージ盛り合わせ ビール醸造プラント
散髪中の緑の魔人
  1. 2007/08/02(木) 22:16:23|
  2. ビアライゼ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓ウェブサイトあります

あなたの知らない
ビールの世界
あなたの知らないビールの世界

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ビール通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。